お問い合せ
イメージシャフト

≪3・FACTORS≫


3つの要素


Factor1・右手のドリル
        ゴルフは両手でしますが、そのときの右手の動きはこのドリルに集約されます。
        この動きの習得はスイングの絶対条件です。

Factor2・左手のドリル
        左腕の動きです。他のスポーツと根本的に異なるこの動きは、まさに目から鱗です。
        

Factor3・シークレットドリル(ユーザーのみ公開)
        左手の動きです。スイングの核心を知ります。
        フォームや外見からは知りえないスイングの絶対感覚を身に付けます。





本物のゴルフスイング


写真

上段のプロのスイングと下段のアマチュアのスイングとの違いは何でしょうか。
確かに何もかも違います。良いスイングはもちろんプロのスイングです。

しかし先入観なしにスイングを考えると、止まっている地面のボールを打つためには
アマチュアのスイングの方が本能的には正しい気もします。
その根拠は、ほとんどのアマチュアがこのようにスイングするからです。

それはこのスイングの方がボールに当てやすいと思うからです。
できるだけ早い段階でフェイスをボールに向けた方が良い気がするからです。
パターならこの感覚で良いのかもしれません。

つまりポイントは、
本能的にこうした方が良いと思うことが、ゴルフの場合必ずしも正解にならないということです。
それどころかほとんどが間違いと言ってもいいのかもしれません。

しかしです、
実は突き詰めるとこの感覚は正しいとも言えます。
ここがゴルフの難しいところですが、
すべての動作をフォームとして考えてしまうとスイングはとても複雑化してしまいます。
しかしこの写真を見てわかるとおり、手元の動きの違いにだけに注目して見てみると
この動きやこの動きの理屈を理解することでスイングの理解がシンプルなるような気がしてきます。

ゴルフのスイングは最終的には無意識にできることが理想ですが
それまでの段階でこの手元の動き、つまりリストワークを理解しておくことで
これまで身体の動きに受動的に動いていたリストワークを自分の意識下に置くことができますから
スイングが偶然から確実なものに変わっていきます。
つまりスイングの確信を得ることになるのです。



イメージシャフト・理論と解説

 

ゴルフのスイングは身体全体の絶妙なバランスで成り立ちます。
そしてそれらを細かく見て行くと、主体的に動く部分と受動的に動いている部分とに分けられます。

注目すべき点はやはり主体的な動きです。
つまりそれは何といっても手です。
クラブとの唯一の接点である手はスイングのキイポイントです。

その手がクラブに最適な動きを与えボールをヒットします。

そのためには腕とクラブとのアングルやクラブの最適な動きを知り、 ボールにヘッドを当てる能力が必要となります。

ゴルフを始めるとたいていの人は練習場でボールを打ちまくります。

かなり練習しても上手くいかないと分ると本やDVDを見たりします。
しかし、ゴルフのスイングは一瞬ですからそれをどんなに細切れに解説されても 具体的な感覚は得られません。

結局そこから学べることは表面的なフォームでしかありません。
言葉に出来ない「感覚」を知ることこそ上達への道です。

そこで知るべき感覚はいたって簡単です。
利き手の右手で目標を正しくスイングできる能力です。
そのためにはクラブを効率的にバランスさせスイングすることです。

従来はグリップやフォームにに重点を置くことでしかこの腕とクラブとのバランスを語ることは できませんでした。

しかし、例えば手の平の上にグリップ側を下にしてクラブを立ててバランスさせるとします。
その時に肘の角度やスタンス、目線など事細かに解説したところでたいした意味は持ちません。 それぞれが勝手に工夫して行います。

それは手の平の上に立てたクラブに対する身体の勝手な反応です。

同様に金づちを持って釘を打とうとすれば少し続けていると自然と最適な持ち方と最適な動かし方が身に付きます。 これが人間の本能です。

しかし、ゴルフだけはなぜかそうはいきません。ゴルフが難しい最大の原因です。

つまりゴルフの場合ゴルフクラブを感じたままにスイングしてしまうと上手くボールに当たらないような構造に なっているということになります。

後にこれがゴルフの魅力になっていることを知るわけですが、 スイングを身に付ける段階でいきなりゴルフクラブで練習してもずっとこのクラブの誤作動に振り回されて上達できません。

そこで金づちのようにそれを使っていれば自然と正しい動きが身に付く、 つまりクラブと別のものをスイングしていると自然と正しいスイングが身に付く道具があったとしたらどうでしょうか。

それこそ理想のゴルフ練習器具です。

そのためにはまずゴルフクラブの構造を分析する必要があります。
それは言いかえると誤作動の原因の追及でもあります。
@まずゴルフクラブの特徴としてシャフトの先端に重たいヘッドが付いています。
そして反対側にはグリップがあります。
そのため特に女性にとっては大変扱いにくい道具です。
つまり先端が極端に重いということです。

A次にヘッドです。
ヘッドにはボールが当たるべき最適な場所があります。スイートスポットです。
スイートスポットはフェイス面にありますが、そこから少しヘッドの中に入ったところにヘッドの重心があります。
つまりヘッドの重さが集中する点です。
そしてその重心はシャフトの軸線からずれています。
実はこれがゴルフの難しさの最大の原因となっています。

それではこの2つの原因によって引き起こされるスイングの誤作動を考えます。
@まず先端が極端に重い。
最大の弊害はゴルフのスイングの場合アドレスした時に腕とクラブとは横から見てまっすぐにはなっていません。
パターでしたら腕とシャフトをまっすぐにすることも可能ですがそれ以外では必ず角度が付きます。
インパクトにおいてもこの角度は保たれることが理想です。
しかし先端が極端に重いためスイング中の遠心力なども加わり自然と手首が伸びてこの角度は保たれません。
さらに突き詰めると手首が伸びたことの自覚がプレイヤーに薄いことが原因でした。
最初からゴルフクラブを振っているとこの手首が伸びて角度を保っていないことに気づけないわけです。

解決法
そのためにイメージシャフトでは先端をあえて軽くしました。
力の弱い女性の方でも楽に手首の角度を保ちながら理想のスイングをすることができます。
結果としてこの手首の感覚を覚えてしまいますから実際にゴルフクラブを振った時に手首が伸びると違和感を覚えます。
これは全体として言えることですが、練習器具で身につけた動きに対して実際にクラブを振った時に感じた違和感を クラブの動きたがる力と方向と捉えそれを上手く手なずけることがクラブコントロールになります。

A次にヘッドの重心がシャフトの軸線からずれている点です。
ゴルフクラブを野球のバットのようにスイングしてみると分りますが、 スイング中のどこかでヘッドがクルンと返ります。
野球のバットには無い感覚です。この原因がヘッドの重心です。

写真













ゴルフの場合インパクトでヘッドを目標に対して直角にボールに当てようという意識が強いですからこのクルンと返る動きは いやなものです。誰でもパターのようにボールが打てたらまっすぐに飛ばせるのにと感じています。

そしてスイング中シャフトとヘッドの重心の位置関係は常に変化しています。
まずアドレスの状態ではシャフトの前に重心があります。テイクバックしてシャフトが地面と 平行になったときにはおおむねシャフトの真上に重心が位置します。
トップでは重心がシャフトの下側に位置します。ダウンスイング以降もシャフトのまわりを重心が移動し続けます。
インパクトの一瞬にヘッドは飛球線に対して直角になりますがその時シャフトとヘッドの重心はアドレスの時と同様に並列になります。
繰り返しますがプレイヤーはシャフトのまわりを動き続けるヘッドの重心を、インパクトの一瞬に目標に向けて並列にさせ ヘッドをボールに直角に当てなければならないわけです。

写真

写真

そしてその動きには2種類あります。
一つがヘッドの重心とグリップエンドとを結ぶ線(重心ライン)を軸に回転する動きで、
もう一つがシャフトを軸に回転する動きです。
これだけを考えるとボールを真っ直ぐに目標に向けて飛ばすことはかなり難しい作業です。
しかし人間はそれができるのです。

解決法
そのためには2つの課題があります。
A:1つはシャフトとヘッドの位置関係を明確に感じ取る手元の感覚です。
B:そしてもう一つがシャフトのまわりを動き続けるヘッドの重心のコントロールです。

A:目をつぶって地面からヘッドを離した状態でクラブを持った時に、フェイスがどこを向いているかを感じられなければなりません。 なぜならスイング中に目でフェイスの向きを確認しながらボールを打つわけではないからです。 これはテニスでも卓球でも同じだと思います。

B:つぎに一度スイングを開始してしまうと重たいクラブヘッドは慣性の働きも強く思うようにクラブを動かすことができません。 普通はどう工夫してもなかなかスムーズにクラブを振ることはできないものです。

しかしそんなクラブにも必ず最適な動きが存在します。

その動きではヘッドの重心は暴れるどころかボールを強く打つための最適なエネルギーを生み出します。 この動きは「習得」というよりも「発見」です。

つまりいかにしてこの動きを見つけるかが上達のカギとなります。
ヘッドの重心をコントロールする能力を身に付けることがポイントなわけです。

写真

さてこのイメージシャフトではそのヘッドの重心を感じてコントロールする能力を身に付けやすくするために グリップ側にウェイトが付いています。
しかもそのウェイトはシャフトと角度が付いて装着されています。
つまりクラブのヘッドが手元側に来ているのと似ています。

これにより
A:ヘッドの重心位置を感じやすくなります。
シャフトの先端にあるヘッドの場合その重さゆえに自然とグリップも強く握ってしまい感じることに鈍感になります。
しかし先端が軽くてウェイトが手元側にあるこの練習器具では感覚自体が自然と向上していきます。

B:同様に先端が重いクラブを振ると遠心力でフェイスの向きはともかくとりあえず円に振れてしまいます。 クラブの重さに身体が受動的になってしまいます。そうなってはヘッドをコントロールできません。

イメージシャフトでは先端が軽いため遠心力に頼って振ることはできませんので自然と腕や身体が主体となります。
しかも手元のウェイトは通常の円運動を許しません。ただの棒を振るのとは違って工夫が必要なことに気づきます。

これこそがゴルフスイング習得の最大のポイントです。

つまりただの棒状の物を振るように円に振るだけではスイングになりません。
もう少し厳密に言うと、ゴルフクラブは外からは円に動いているように見えるかもしれませんが 上級者のプレイヤーの手元の動きの感覚はそうではないということです。
これこそが長い間もやもやとしていたゴルフスイングのブラックボックスです。

外から見える動きと実際の感覚とにこれほどの違いがあるスポーツは他にはありません。それがゴルフの難しさです。 しかしその難しさもこのイメージシャフトを振るだけで解決します。



ご注意
古くからゴルフクラブを逆さに持って振る練習方法があります。
イメージシャフトは外見上クラブを逆さにしたのと似て見えますが実際は結果が違ってしまいます。
詳しくはマニュアルにございますが、クラブの場合ヘッドにはロフトがある関係上重心の深度という側面が存在します。 それに加えてヘッドの形です。 これらによってクラブを逆さに持ってスイングするとイメージシャフトとは違ったスイングになってしまいます。

 





最後にどうしてもお伝えしたいこと

<クラブの誤作動>

私のスイングに対する一貫した考え方の根本は
クラブの誤作動です。

誤作動とは
たとえば練習場で一度グリップしてから
そのまま同じスイングを延々と繰り返したとします。
しかしスイングしているうちにスイングは必ず変化してきます。
その後でグリップを解いてもう一度握りなおすと
別の感覚が芽生えます。
アドレスすら変わってきます。
ここにボールに当てたいという意識が加われば加わるほど
変化は大きくなります。

この原因はゴルフクラブのヘッドがシャフトの延長軸線上にないからです。
人間は無意識にこのことを感覚で理解し色々と対応しようとします。
しかしこの対応が残念なのは
この構造のクラブを正しく振ることが
ボールに正しく当てることとイコールでない点です。

つまりクラブを正しく(気持ちよく)振ってしまうと
それはボールに当たらないスイングになるということです。

例えばコースに行って
前半なぜか意味も分からず絶好調だったとします。
それでもなぜか後半は理由も分からず崩れたりします。
本来物事はやればやるほど上達します。
しかしゴルフはそうでないことをすべてのゴルファーは知っています。

コースに行って調子が悪かった時に
帰りに練習場に寄り
ボールを打ったとします。
そこで何球か打つうちに調子が戻り
ここがあ〜だったから、こうなってダメだったんだ〜。わかった!
と、また開眼します。
しかしその開眼は幻であったことに後で気づかされます。

何故ならその開眼は間違った動作に別の動作を加えて
間違いを相殺したに過ぎないからです。
(ー)マイナス × (ー)マイナス = (+)プラス
です。

フォームの修正やフォームのチェックは結局のところ
このスパイラルにはまっているのだと考えいています。
結局のところ大なり小なり
ゴルフスイングはこの繰り返しだと言っていいと思います。

つまりはこれはすべてクラブの誤作動から来ています(と私は仮説をたてました)。

そこで
もしスイングに別の基準を持つことができたらどうでしょうか。
そこで工夫や開眼があれば
その絶対的基準を元にした開眼ですから
技術は足し算になって行きます。
今日が昨日より後退することはありません。
これこそ本当の開眼であるわけです。

その基準になるのがイメージシャフトです。

これが世界初の思考なのです。





告白

実はこの文章を書いている私も皆さんと同じただのアマチュアゴルファーです。
本業ではありません。
なぜそんなアマチュアの私がこのような理論を臆せず皆様に発表できるのか
余程の世間知らずか厚顔無恥です。
確かにそれも当たっています・笑。
しかしそれ以上に私自身がいまだ皆様と同じゴルフを研究する学習者の立場だからです。

つまりは
私自身がこの数年間ゴルフスイングを考え続け
本当に知りたかったこと、分からなかったことの答えがこのimageshaft理論でありベンホーガンだったのです。

ゴルフのスイングをしていると本当に多くの気づきがあり目から鱗の体験をします。
しかしそれがのちに堂々巡りであったことにも気付かされます。
その体験を10年、20年と知らず知らずのうちに繰り返しているのが一般のアマチュアゴルファーだと推測します。
スコアの向上は確かにゴルフの楽しみです。
しかしそれと同じ位ゴルフスイングの本当を知りたいと思う気持ちも高まります。

私自身もその答えを求めて、仮説を立てては練習場でボールを打ち
そしてまた本をむさぼりました。
しかしそこに一切の光明はありませんでした。
どんなに本やDVDを見て研究しても
結局のところアドレスやグリップ、トップの形、スイングプレーンといったフォームへの言及であり
私にとってすべてが肩すかしでした。
特にはビジネスゾーンと言われるクラブが地面と平行から平行になる間の動きや
そこでのリストワークは私自身の最大の関心事でしたが
その部分の明確な解説は皆無でした。もちろんこれは私の理解力の無さが大きな原因です。

しかしそれがその研究を国外に向けたことであるひらめきがありました。
そこで知ったのは日本人と欧米人のスイングの違いであり
ベンホーガンの偉大さでした。
特に
なぜベンホーガンが永遠のボールストラカーであるのか
なぜすべてのプロがホーガンを認めるのかが次第に分かってきました。
そしてホーガンのスイングを研究しました。
するとそこにはスイングのすべての答えがありました。
このスイングの答えを知った感動は何物にも代え難く筆舌尽くし難いものでした。

例えばゴルファーなら何度も開眼を経験していると思います。
その時に
「なんだ、こんな風にスイングするのか!」
と、自分としては大発見の感覚があったはずです。
それと同じように、いやその何倍もこのホーガンのスイングの感覚は本当に驚きです。
この感覚を体験することなくゴルフを終えることは絶対に残念です。
たいていの場合30年ゴルフをしてもこれを知らずにゴルフを終えるはずです。

私はこの感動を一人でも多くのアマチュアゴルファーに知って欲しいと本気で思いました。
そしてそのためにその習得方法を構築することを思いつきました。
結果としてそれが
なぜゴルフが難しいのかの答えでもありました。
ゴルフのスイングはすべてが感覚的なものです。
自分の得た感覚を言葉で人に100%伝えることは不可能です。
しかしそこに道具を介在することで可能になりました。
イメージシャフトという感覚のコミュニケーションツールを使うことで
何十年もゴルフクラブを振って気付けなかったことが
感覚としてダイレクトに理解できます。

そしてその後でスイングに関するすべてのことを
論理的に解説いたします。
しかもその解説にはすべて体感が伴います。
この間のできごとはまさにゴルファーにとって喜びの連続です。
なぜならほとんどのゴルファーが長年ずっとモヤモヤした感覚でゴルフをされてきたと思います。
それはスイングの出口が見つからないモヤモヤに他なりません。
イメージシャフトはそのモヤモヤに絶対的な解答を示すことをお約束いたします。
ご興味がございましたら是非お問い合わせください。
心よりお待ち申し上げております。

imageshaft

http://www.amazon.co.jp/imageshaft-%E6%AC%A1%E4%B8%96%E4%BB%A3%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%95%E7%B7%B4%E7%BF%92%E5%99%A8%E5%85%B7-%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%95%E3%83%88/dp/B001P9O2A4

Amazonよりご購入いただけます


楽天よりご購入いただけます



写真
写真

   HOME