お問い合せ
バーティカルシャフト

≪ 特 徴 ≫
 通常のパター練習器は平らな板にパターのヘッドを沿わせて、真っ直ぐにストロークできるように練習させるものがほとんどです。しかし実際その様にストロークすると手元で感じる感覚はとても違和感のあるものです。また、身体に何らかの器具を付けてフォームを固定するような練習器もあります。いずれにしてもこれらはすべて身体に何らかのフォームを強制します。
 バーティカルパターの最大の特徴は、パターフォームの矯正や強要をしないことです。コースではご自身のお好きなフォームでパターをしてください。

「パターに型なし」と言われるようにパターフォームは強制すべきものではありません。しかし、たいていの指導書は結局フォームの解説をしています。

一方バーティカルパターはパターにおける純粋な動きのみを抽出しています。この動きを確認してからパターをして頂くとどの様なフォームでも正しくストロークできてしまいます。さらにアプローチまで上達します。

また、すべてのクラブは長時間使っているとプレイヤーに誤作動を生じさせます。新しいパターに変えたときは良いのに、ずっと使っているとまた調子が悪くなってくるのはその為です。常にパターを変えたときのような感覚を持ち続けるためには、クラブの誤作動をリセットさせる行為が必要です。それができるのもバーティカルパターの特徴です。

この思考で作られたパター練習器具はバーティカルパターだけです。

写真A

写真B

≪ 理 論 ≫

 パターをストロークする時の理想はヘッドがストレートに動くことです。通常ヘッドは振り子のように弧を描きます。しかもその弧の動きには2つあります。
一つはよく言われる飛球線に対してヘッドがインサイド・インになる横の弧の動きです。
もう一つはブランコや振り子のように地面に対して高い位置から低い位置に動く縦の弧の動きです。
いま流行の長尺パターは横の弧の動きをストレートに出来ます。しかし縦の弧は少し軽減される程度です。
この2つの弧の動きを出来るだけ0に近づけることが出来ればパターのストロークは易しくなります。

その方法は、パターを地面に置きます。その状態でグリップします。ヘッドは垂直に立ててトゥが上を向くようにします。
その状態でパターを握り、腕を地面と垂直に真っ直ぐに伸ばして、クラブを地面すれすれにストロークします。この時ヘッドはほぼストレートに動きます。

さらに注目すべき点は、手元が1動いた時にヘッドも1動くことです(1:1)。言い換えるとグリップエンドとヘッドが同じだけ動きます。これはショートアプローチにおいても必要な動きです。
長尺パターの欠点は手元が1動くとヘッドは5以上動いてしまうことです。それは振り子の動きです。手元の動きは小さいのにヘッドが大きく動くことはストロークを難しくします。

実際のパターのフォームをこの状態に近づけるためには、腕とパターのシャフトが出来るだけ一直線にならないように角度をつけることです。地面にパターを置いてグリップした状態は腕とパターが90度です。ですからパターのトゥが少し浮くくらいにパターを構えることで理想のストロークに近づけるわけです。

それが出来やすいようにバーティカルパターは短くて(全長70cm)トゥが浮き、腕とパターに角度が付くようになっています。



 バーティカルパターにはグリップする手元にパイプが装着されています。
練習ではそのパイプを覗きながらストロークして頂きます。アドレスした際にはパイプを通して床が見えています。間違ったストロークをするとパイプが傾き床が見えなくなります。常にパイプを通して床が見えている状態でストロークできるように練習すると、間違ったリストの動きがなくなり正確なストロークが出来るようになります。 また、ご自分のパターにバーティカルシャフトを装着することもできます。



 バーティカルパターでこの感覚を身につけると、他のフォームで打っても上手くストロークできるようになります。
実際のプレーではお好きなフォームでパターを打って構いません。これまでと同じフォームで打っているにも関わらずパターが上達していることに驚かれるはずです。
この思考は世界初です。

 またバーティカルパターで習得した手元のストレートな動きはアイアンでのスイングにも良い影響を与えます。特にショートアプローチで手元のストレートな動きを自然に出来るようになるとスコアーUPにつながります。

写真C

まとめとポイント

「感じる」・「気づく」・「工夫する」ことが最大のポイントです。 バーティカルシャフトは多くの「気づき」をもたらします。 ご自身の工夫でさらに大きな成果が生まれます。

私が推薦いたします。
ウィンゴルフスクール 藤田校長
バーティカルパターは固定観念なく自分自身のパタースタイルが確立でき、下半身を安定させてストロークできるようになります。またアマチュアが苦手とする10ヤード位のアプローチまで良くなります。皆さんにお薦め致します。

バーティカルシャフトはパターだけでなくご自分のアプローチウェッジに装着して練習することもできます。 驚きの感覚を是非体験してください!


バーティカルシャフト(パターは含みません)  定価2,500円・完売!
バーティカルパター(バーティカルシャフト付き) 定価6,800円・完売!
お問い合わせ

   HOME